MONOmonologue pt.2MONOmonologueのパート2です。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
名盤との距離 12:00
0


    ジャズを聴き始めた頃、どのレコードを聴いたら良いか分からなかった。

    教えてくれる人もいなかった。
    名盤100選といった入門書を読んで、これは、と思うレコードに目星をつけ、中古レコード店へ行ってはこつこつ買った。
    ジャズを聴き始めてみると、いろいろなタイプのジャズがあることを知った。
    スイング、ビバップ、ハードバップ、クール、モード、フリーなどなど。
    一聴して好きになるレコードから、いまいちなのから、とても聴いていられないのから、分からないなりに気になるものなどさまざまだった。
    一枚一枚一生懸命聴いた。
    そうやって手に入れたレコードの多くは、ジャズ好きならたいてい知っているようなレコードだった。
    ジャケットを見れば、ああこれね、と分かるくらいに。

    そんな、誰でも知っているレコードを「名盤」というのではないか。

    「名盤」とは、たぶん素晴らしいレコードのことだ。
    多くの人が高く評価しているレコードということだろう。
    有名な評論家や名のあるミュージシャンが「良い」と言っているレコードのことだ。
    しかし、誰かにとっての名盤が、私にとっての名盤とは限らない。

    名盤を聴いて、好みじゃなかったり好きになれないと悔しい。
    なので、繰り返し聴いてみる。
    聴いているうちに分かってきたら嬉しい。
    何度も何度も聴いて、やっとわかるレコードがある。
    一方で、何度聴いても、努力の甲斐なくレコード棚の奥にしまわれてしまうレコードもある。
    忘れた頃にあらためて聴きその良さに気づく、なんてこともたまにはあるが。

    ジャズを聴きだしてしばらくたった頃、名盤を買うことが急に恥ずかしくなった。
    誰でも知っているようなレコードを買っているのはジャズ初心者にしか見えないのでは? と格好悪く思われたのだ。
    自分はジャズをちょっと知ってるんだからね、ということを態度で示したい時期だったのだろう。
    マイナー盤を買ってこそジャズ通って訳だ。
    つまり私は、若かったし青かった、ということだ。
    今となっては、超有名なレコードであっても、恥ずかしげもなくレジに向かうことが出来るようになった。
    自分の成長(老い?)を実感する瞬間である(笑)

    名盤との付き合い方は難しい。
    年齢によっても名盤との距離感は変わってくる。

    かつての私はバラードが苦手だった。
    アップテンポな、いわゆるゴリゴリなハードバップが好きで、それだけをジャズに求めていた。
    「ウィズ・ストリングス? ちょっと待ってよ」なんて具合。
    アルバムの流れの中でのバラードなら仕方ないが、バラード集となると興味が持てなかった。

    JOHN COLTRANE "BALLADS" impulse! AS-32

    ジョン・コルトレーンのバラード集といえばこれだろう。
    ジャズ入門書にも紹介される、ザ名盤だ。
    向学のために、その昔CDを買ったが、ほとんど聴くことはなかった。(笑)。
    最初の曲、「Say It (over And Over Again)」のイントロからして甘すぎる、と思っていた。
    単なるムードミュージックではないか、と。

    今回レコードを入手して、じっくり聴いてみた。
    良い。
    とても良い。
    コルトレーンのサックスをシンプルに味わうことが出来る。
    一説によると、このレコード吹込時、マウスピース(リード?)の調子が悪くバリバリ吹くことができなかったのでバラード集になったとのこと。
    なるほど、メロディ重視。
    ストレートにメロディを吹いている。
    このアルバムの素晴らしさを、この齢になってようやく理解できた。
    これもまた、自分の成長(老い?)を実感する瞬間である(笑)

    このレコードを手にすることができたのは「運」である。

    入手経緯はこうだ。

    めったに行かない場所へ行く用事ができた。
    近くに中古レコード屋があることを知り立ち寄った。
    引き上げたこのレコードの値札に「赤黒、VAN GELDER」と書かれていた。

    「赤黒」とは、レコード盤の真ん中、収録曲のタイトルなどが書かれている部分(センターレーベル)のデザインの説明である。
    インパルスというレコード会社のセンターレーベルは、オレンジ→赤黒→黒→緑と、レコードのプレス時期によってデザインが変更されている。
    そして「VAN GELDER」とは、このレコードを録音・制作したエンジニア自身が原盤を手掛けたという刻印が入っている、ということ。

    このレコードは、VAN GELDER刻印よりBELL SOUND刻印のほうが多いのではなかったか?
    VAN GELDER刻印の入った盤は最初期のプレスに限られるのではないか、と。

    レジで検盤させてもらうと、まず出てきたのは初期の内袋だった。
    オっとなり、そこから取り出したレコード盤のセンターレーベルはオレンジだった。

    つまり、初期プレス。
    「!!」

    のけぞってしまった。
    両面の内溝には確かにVAN GELDER刻印が入っていた。
    ラッキー。
    まだまだレコード店の棚には夢がある!(笑)

    釣りは、「フナに始まりフナに終わる」といわれる。

    この言葉には諸説あるらしいが、子どもの頃にフナで釣りの楽しさを覚え、大人になり行動範囲が広がると、海や渓流に足を運ぶようになってフナから遠ざかっていく。
    しかし、老いてきて遠出が難しくなってくるとまた近所の小川でフナを釣るということ。


    音楽好きも、「名盤にはじまり名盤に終わる」のだろうか?

    名盤で音楽の楽しさを覚え、マイナー盤、限定盤、レア盤、海賊盤、、、そして老いてまた名盤に戻るということか。


    まあ、一理あるかも。

    いやいや、そんな言葉そもそもないって(笑)



     

     

    JUGEMテーマ:No Music, No Life

     

     

    | RECORDS | comments(4) | - | posted by mono-mono
    RIP, TOM 23:58
    0

       

       

      まじか。

      なんてこった。

       

      JUGEMテーマ:No Music, No Life

       

      | TALK ABOUT MUSIC | comments(0) | - | posted by mono-mono
      アビーロード(笑) 00:00
      0
        あらま、9月ももうおしまいだ。



        JUGEMテーマ:No Music, No Life

        | TALK ABOUT MUSIC | comments(0) | - | posted by mono-mono
        Mellow Waves 21:04
        0

          コーネリアスの新作「Mellow Waves」である。
          前作の「sensuous」から11年ぶりのリリースなのだそう。
          そうか、そんなに久しぶりなのか。
          「デザインあ」や甲殻機動隊のサントラ、METAFIVEなどさまざまなプロジェクトでの活動を目に(耳に)していたので、そこまで間があいていたとは。

          アマゾンで発注、ではなく店頭へ発売初日に買いに行った。
          どこで買おうか?と考えて考えてひらめいた。

          渋谷HMVに行こう。

          かつて「渋谷系」の総本山だった渋谷HMVは東急本店の近くにあった。
          その後、現在のFOREVER21のある場所に移転し、閉店した。
          昨年だっただろうか、「HMV&BOOKS TOKYO」として旧丸井のビルに再オープンした。
          つまり、HMV&BOOKS TOKYOはかつてとは別の場所にあるし、別の店といったほうがよいのではないか。
          まあ、それはそれで良い。
          「渋谷HMVでコーネリアスの新譜を買う」ということが個人的に重要なのだ(笑)。
          購入時、小さな缶バッチをおまけでもらった。

          その昔、コーネリアスとときどき道ですれ違っていた時期がある。
          六本木の路上で、六本木ヒルズの開発が始まる少し前のことだ。
          場所は、テレビ朝日通り。
          時間は、きまって朝だった。
          コーネリアスのアルバムでいうと、「69/96」から「FANTASMA」の頃のことだ。
          そのころ私の仕事場は西麻布にあって、六本木駅から歩いていくと、テレビ朝日通りのあたりで彼を見かけることがあった。
          彼はギターケースを持っていたり、仲間と一緒だったりした。
          スタジオでレコーディングをしての帰りだったらしい。
          私の出勤時に、仕事終わりと思われる彼とすれ違っていた、ということらしい。

          「Mellow Waves」
          コーネリアスが唄っている。
          そして、とても個人的で親密な音空間だ。
          これまでにない質感である。
          温もり、というか体温というか、彼の息遣いを感じる。
          これまでのアルバムと明らかに違う。
          そんな変化に最初はとまどった。
          拒否感すら覚えた。
          しかし、聴くほどになじんできた。
          これは良いアルバムだ。
          音も素晴らしく良い。
          レコードでも聴いてみたい。

          彼と道ですれ違っていた頃から20年たつ。
          お互い齢をとったものだ。





          JUGEMテーマ:No Music, No Life

          | TALK ABOUT MUSIC | comments(0) | - | posted by mono-mono
          NEW DISK, NEW SOUND 07:07
          0


            新譜レコードを買った。
            日頃は中古ばかりなので、新品のレコードを買うなんて、ずいぶん久しぶりのことだ。
            いやいや。
            久しぶりなんてものではなくて、20年、25年ぶりくらいではないか。
            新譜のレコードを買う日が再びくるなんてね。
            CDが登場したときに、レコードは消える運命ではなかったのか?

            ソニーがレコード生産を再開するというニュースを目にした。
            時代は変わるものだ。
            ソニーがレコードを作る日が再びくるなんて、ねえ。
            CD化を推し進めたのがソニーというのが私の印象なのだが。

            さてこのレコード、FLEET FOXESの新譜である。
            6年ぶりの新作なのだという。
            その間、ほとんど情報がないともなれば、このまま解散してしまうのではないか?、と思われるほどの年月だ。
            そう思っていたのだから、このアルバムを手にできる喜びもひとしおというものだ。
            ネットで見た新譜のトレイラー映像で、いやがおうにも期待は高まっていた。
            その上でのこのレコードなのだ。

            届いたレコードのシュリンクラップを開けるのがためらわれてしまう。
            レコードを聴くためには、シュリンクを開けないわけにはいかないし、保存用にもう一枚買う、なんて贅沢も許されない。
            ああ。
            封を切った瞬間、新品のレコードは、「シールド」状態から「シュリンク」状態になってしまった。
            シュリンクの上には、ステッカーが貼られている。
            いまのところ、このシュリンクラップをはがす勇気は無い。

            なので、見開きジャケットの見開き部分を見ることができない。

            レコードを取り出して驚いた。
            内溝に「STERLING」と入っているではないか。
            書体こそ70年代のモノとは異なるが、まごうことなき「STERLING」刻印だ。
            ジャケットのクレジットを見てみれば「Mastered by GREG CALIB at STERLING SOUND, NEW YORK」とある。
            「STERLING」の横には、手書きで「RKS」と刻印が入っている。
            これは?

            FLEET FOXESの音楽を楽しみにしていたのはもちろんなのだが、レコードの「音」には、あまり期待していなかった。
            レコードは、リリースすることに意味がある、とか、ジャケットが大きいのが良い、程度でのリリースではないかと勘ぐっていた。
            だからこそ、これまでぜんぜん手を出してこなかったのだ。
            しかし、聴いて仰天した。
            こんなレコードの音、初めてだ。
            この音の良さはなんだろう。
            いままでに聴いたことのない、精密なサウンドなのだ。
            目の前に、3Dプリンタで作った音のジオラマが出現したようだ!
            いやあ、びっくりした。

            レコードの音も進化している。
            これは大きな発見だ。
            そろそろ届くはずの、JEFF TWEEDYのレコードがいよいよ楽しみだ。
            レコード内溝の刻印も含めて、ね。





             

             

            JUGEMテーマ:No Music, No Life

             

             

            | RECORDS | comments(0) | - | posted by mono-mono
            << | 3/9 | >>