MONOmonologue pt.2MONOmonologueのパート2です。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
何枚買えば気が済むのか? 11:53
0


    私が音楽に夢中になりだしたのは中学生になってからだ。
    レコード屋さんに一人で行って、レコードを買うようになったのは、たぶん中2の頃だ。
    とにかくたくさんの音楽が聴きたくて、なけなしの小遣いでレコードを買った。
    買えるのは、月にせいぜい1枚2枚。
    あとは友人とレコードの貸し借りで聴いた。

    借りたレコードはカセットテープに録音して聴いた。
    カセットテープはどんどん増えた。
    カセットテープのレーベルに、手書きでアルバムタイトルやバンド名をレタリングした。
    定期試験前、家で勉強中に書き出して、妙にはまって時間かけちゃって勉強どころじゃなくなる、なんて懐かしい。
    地方都市の中学生だから情報収集能力も限られていた。
    ヒット曲以外の音楽、しかも洋楽を聴く友達も限られていた。
    インターネットなんて影も形も無い頃の話だ。
    ラジオや雑誌で情報を仕入れてレコード屋さんに行っても在庫が無くて、注文して入荷予定日に行ってみたら廃盤になってたり、なんてことも良くあった。

    そんな「たくさん音楽を聴きたい時期」を経て、20代も後半になった頃、オーディオとの出会いがあった。
    きちんとしたオーディオでレコードを聴く機会があった。
    いままで聴いたことのない立体感で音が立ち上がった。
    なんだこれは!
    何度も聴いてきたレコードの、音の存在感や奥行きに信じられない違いがあった。
    それまで気付くことのなかった音が聴こえてくるということにも驚いた。
    アンプやスピーカーといった、オーディオシステムそれ自体のデザインにも強くひかれた。
    社会人となり手の届く機器の範囲も少しづつ上がって、それでもこつこつお金を貯めてオーディオを買いそろえていった。
    機器をつなぐケーブルもいろいろ試してみた。
    みるみる音が良くなっていくのが嬉しかった。
    音が良くなるにしたがって、さらに音楽にものめり込んだ。
    聴き馴染んだ手持ちのレコードにも新しい発見の連続だった。
    レコード屋に行って、レコードを探すこともさらに楽しくなった。
    レコードにも、音のいいオリジナル盤なるものがあって、、、とかね。

    ずっとこんなふうに過ごしてきた。

    中学生の頃から私には、いつも音楽が生活の中心にあって、一番大事なものなのだ。
    今でも毎週のようにレコード屋に通っている。
    レコードを一体、何枚買えば気が済むのか?(笑)

    JAMES TYLOR / ONE MAN DOG (BS 2660)

    今回紹介するのは、ジェイムス・テイラー「ワン・マン・ドッグ」である。
    このレコードを聴いて彼の大ファンになった。
    もう20年も前のことだ。
    それまでジェイムス・テイラーは知っていたが、数枚LPを聴いたことがある、という程度だった。
    SIDE1の冒頭、One Man Parade から引き込まれた。
    シンプルで暖かいサウンド。
    とても親密な雰囲気に満ちている。
    でも一瞬、異国的な不思議な風が吹く。
    その風がとても気持ちいい。

    ジャケットも素晴らしい。
    オールを手にボートの後ろに立つジェイムス・テイラー。
    足もとには一匹の犬。
    こちらをまっすぐに見ている彼の顔からは不思議と感情が読み取れない。
    裏ジャケットの、納屋を改装したようなスタジオ風景がたまらない。
    このレコードは、近所で行われたガラクタ市で見つけた。

    1枚たったの100円。
    アメリカ盤のオリジナルだったが、ジャケットも盤も、コンディションはそれなり悪かった。

    何度も何度も聴いた。
    聴けば聴くほど素晴らしかった。


    もう少し程度の良いレコードが欲しくなって探すようになったのは当然の流れだ。
    1枚持っているのだから、と気長に探した。
    このレコードは人気がないのだろうか?

    彼の初期のアルバムの中では比較的見かけることが少ない。
    そして見つけたのが「クアドラディスク」だった。


    70年代後半だろうか、4チャンネルステレオ、という再生システムが売り出された。
    ステレオ(2チャンネル)プラス、リアに2本のスピーカーをセットし立体的に音を出すというもの。
    そのシステムに対応したレコードが「クアドラディスク」だ。
    わが家に4チャンネルステレオに対応したオーディオシステムは無いのだが、ふつうのステレオカートリッジで通常再生は可能だ。
    通常盤と較べて繊細な音がして悪くない。

    そして今回3枚目の「ワン・マン・ドッグ」を入手した。
    なぜか?

    このアルバムのジャケットには、タイトルもアーティスト名も表記が無い。
    発売当時、タイトルとアーティスト名が書かれたステッカーが貼られていたことを知った。
    そのステッカーはシュリンクラップの上に貼られていたので、中古盤ではほとんど残っていない。
    ステッカー付きが欲しい、とは思ったものの、ぜんぜん見かけることがなかった。
    探し続けて一度見かけたことはあったがプロモーション盤だったこともありとても高価だった。

    縁あって今回手に入った。
    ステッカー付きということは、シュリンク付きということであり、ジャケットのコンディションは申し分ない。
    盤のコンディションも良い。
    あらためてこのレコードを聞いて、またこの音楽に夢中になってしまう、ということなのだ。
    嬉しい。
    これでひとまず「ワン・マン・ドッグ」は「あがり」である。

    さすがに4枚目はない、と思う(笑)

     

     

     

    JUGEMテーマ:No Music, No Life

    | RECORDS | comments(0) | - | posted by mono-mono
    「IN STEREO」を二度見 09:06
    0


      滅多に行かない老舗のレコード屋さんへ行った。
      ディスクユニオンへ行こうか、こちらにしようかの二択で迷ってこちらを選んだ。
      いつもなら迷わずディスクユニオンなのに。
      そこで引きあてたレコードはSONNY ROLLINSの「WAY OUT WEST」だった。

      「WAY OUT WEST」は、大好きなレコードである。
      国内盤ではじめて聴いて、もう少し良い音で聴きたくなった。
      オリジナル盤を欲しかったが、とても高価なのだ。
      自分で所有することはないだろうな、と思ってきた。
      手軽な値段ながら音の良い、OJC盤に買い替えて聴き続けてきた。
      これで十分に楽しめるのでそれ以上に高望みする理由はどこにもない、と思っていた。

      老舗のレコード屋さんで手にしたその「WAY OUT WEST」は、ジャケットに「WAY OUT WEST IN STEREO」と表記されていた。
      「WAY OUT WEST」ではなく、「WAY OUT WEST IN STEREO」。

      オリジナル盤の世界では通常、モノラル盤に対してステレオ盤は割安になる傾向にある。
      しかし、この「WAY OUT WEST」はそうならない。
      「WAY OUT WEST」はコンテンポラリーレコードから発売されているのだが、オリジナルステレオ盤のみがステレオレコードという別レーベルからでている。
      このステレオレコードの作品は、1950年代後半というステレオシステム黎明期に発売されたが、高音質で評価が高い。
      モノラル盤より高値をつける場合もある。

      「WAY OUT WEST IN STEREO」と表記されたそのレコードは格安だった。
      プライスカードに書かれたコンディションは、ジャケットに少々難あり、盤質はABCのA。

      あり得ない。

      私は、手にした「WAY OUT WEST」を二度見した。
      心臓がドキドキしてきた。
      ジャケットの質感を見るかぎりオリジナル盤にしか見えない。
      やばい。
      この値段で盤質がA!
      これは何かの間違いではないか?
      ドッキリか?
      私をからかっているのか?
      誰かが私をハメようとしているのか??

      オリジナルかどうかはセンターレーベルを確認してみないことには何とも言えない。
      値段からすると再発盤の可能性も否定できない。
      しかし、再発盤でこのジャケットは無かったような…?
      冷静に冷静にと自分にいい聞かせる。

      検盤させてもらった。
      黒地に金文字のセンターレーベルだった。
      まごうことなきオリジナル盤であった。
      盤のコンディションも素晴らしい。
      まいった。

      こういうことがあるからやめられないし、こういうことを求めてレコード屋さんに足を運んでしまう、という話しである。
      レジで支払いをすると「2割引セール中です」とのこと。
      ラッキー(笑)

       

       

       

       

      JUGEMテーマ:No Music, No Life

       

       

       

       

      | RECORDS | comments(7) | - | posted by mono-mono
      音楽を楽しむために必要なモノは? 10:32
      0

        <Q 質問 Q>
        音楽を楽しむために必要なモノをひとつあげるとしたら何でしょうか?







        <A 答え A>
        時間

        もしかしたら、「レコード」や「オーディオ」と考えた方がいるかもしれない。
        「必要なモノは?」とたずねておいて、モノではない「時間」という答えを反則と感じた方、申し訳ない。
        しかし、音楽を楽しむためには、何より「時間」が必要となる。
        例えば、3分の曲を聴くためには、3分間がぜったいに必要だ。
        早回して2分に短縮しては、音楽を十分に楽しむことはできない。
        つまり、音楽は時間と切り離すことはできない、ということだ。
        しかし、普段あまりそんなことは考えない。

        音楽を聴く、ということだけを考えるのなら、大層なオーディオ装置は不要である。
        簡単な装置、例えば、パソコンやスマホがあれば十分。
        これで大抵の音楽を聴くことができる。

        パソコン、スマホがあって、YouTubeに接続できれば、いくらでもただで音楽が楽しめてしまう。
        そう、YouTubeは音楽アーカイヴとしても信じられない領域に達している。
        貴重な映像を見ることができるメディアかと思いきや、さまざまなアーティストのさまざまなアルバムが丸ごとアップされている。
        YouTubeに接続できれば、iPodなどの携帯プレイヤすらいらなくなりつつある訳だ。
        もちろん、レコードやCDなどの音楽ソフト、それら専用の再生装置があったなら、よりいっそう自分の好きな音楽を楽しめる。
        いっぽうで、お金をかけない楽しみかたが広がっている。

        昔ならラジオ。
        もっとも、ラジオでは、自分の好きな音楽を好きな時に楽しむことは望めなかった。
        流しっぱなしにして偶然に頼るか、お気に入りの番組を欠かさず聴くか、リクエストをするか・・・。
        それを思えば、いまの時代がいかに恵まれているかがわかる。
        パソコン、スマホがあるし、レコードやCD、ストリーミングなど選択肢も多ければ、かつてに比べれば値段もずっと安い。

        若いころには、ありあまる時間を好きなことに、いくらでも使うことができた。
        好きなだけ音楽を聴いてられる時間があった。 その頃は音源をどうやって手にいれるかが問題だった。
        パソコンもスマホも無かったあのころ、レコードやCDはなかなか買えなくて、好きな音楽を手にいれるため、いろいろな手を使った。
        友達に声をかけるのはもちろん、誰それがあのレコード持っていると知れば、友達の友達にまで頼んで借りて、カセットにダビングするなどあらゆる手を使ったものだ。
        こずかいをやり繰りしてレコードやCDを買うとなれば、何を買うかには毎月真剣だった。
        うっかりジャケ買いなんかして期待はずれだったら、目も当てられない。

        手にいれた音源は繰り返し聴いた。
        なんだこりゃ、と思うようなレコードでもなんとか理解しようとがんばって、ときに背伸びして音楽を聴いていた。
        それでも理解できないアルバムもあって、それはきっと自分の耳が幼いからだと考えた。

        いま問題なのは「時間」である。

        レコードを買って所有しても、聴く「時間」が無ければそこに収録されている音楽は楽しめない。
        再生しないレコードは、単なるモノである。
        レコードジャケットをインテリアとして活用することは、あくまで2次利用方法としたい。
        飾るだけではだめなのだ。

        レコードを単なる飾りモノにしないために、私はがんばってレコードを聴く時間を捻出しているのか?

        思い当たるふしは、ある。
        レコードを買うスピードに、聴き込むスピードはとても追いついていない気もする。
        平日はほとんど時間をとれない。
        「今日は片面分のレコードが聴けた」みたいに時間を捻出するのは本末転倒ではないか。
        そんなことを言いつつも私はいまだに未知の音楽に餓えているしレコードを買うしことをやめようとはしない。

        NORMAN BLAKE "THE RISING FAWN STRINGS ENSEMBLE" (ROUNDER 0122)

        ノーマン・ブレイクが1979年にリリースしたレコードを買った。
        ノーマン・ブレイクは、カントリー、ブルーグラスのギタリストだ。
        ティーンエイジ・ファンクラブというバンドのノーマン・ブレイクとは別の人である、念のため。

        ノーマンのギターに、フィドルとチェロとのアンサンブル。
        素朴でありながら、とても清々しく美しい音楽。
        どことなくクラシック音楽の雰囲気も漂う。
        ノーマン・ブレイクは自分の音楽が、カントリー、ブルーグラスに括られることを好まないらしい。
        それがよくわかるレコードである。
        ぱりっと晴れた休日の朝にぴったりだ。

        単純な話だが、こんな素敵なレコードに出会うととても嬉しくなる。
        何度も聴きたくなる。
        そうなるともう「時間を作る」のではない。
        単に、レコードを聴くのだ、聴きたくなるのだ。


        そうそう、このレコードも「STERLING」刻印入り。
        ただし、「RL」はなし。
        クレジットをみると「Mastered by John Nagy at Masterdisk」とある。



        JUGEMテーマ:No Music, No Life

        | RECORDS | comments(2) | - | posted by mono-mono
        STERLING RL 14:32
        1


        これもまた、20代に出会ったレコードの買い換えだ。
        再発盤を買ってずっと聴き込んできた。
        ここのところ、こんなことばかり繰り返している。

        スライ・アンド・ザ・ファミリーストーン「フレッシュ」。

        彼らの代表作と言えば「スタンド」や「暴動」になるのか。
        それらはあらためて言うまでもない名盤である。
        しかし、私は、この「フレッシュ」や「スモール・トーク」をターンテーブルに載せることのほうが多い。
        「スタンド」や「暴動」に入っている有名曲は、いろいろなところで耳にすることが多いからなのかもしれない。
        あるいは単に有名盤を聴いてたまるか、というアマノジャク気質がそうさせているのだろうか。

        このレコードの「ケセラセラ」が特に大好きなのだ。
        音の隙間がたくさんあってスッカスかな演奏なのに、強烈なグルーヴを感じる。
        他の曲も全体に力が抜けていてユルイ。
        そのあたりもこのレコードが好きな理由かもしれない。

        私が中古レコード店にいってチェックするのは、ロックであり、ジャズが中心。
        ワンフロアのお店でもブラックミュージック系のレコードは後回しになる。
        ましてやブラックミュージックのフロアや専門店に足を運ぶことはほとんどない。
        なのでこのレコードに出会えたのはラッキーだった。

        見開きジャケットでインナースリーヴ付き。
        レコード盤の内周には「STERLING RL」刻印入り。
        こんなところにもボブ・ラディックが!
        ラッキー。

        もともと持っていた再発盤ジャケットには、オリジナルジャケットに5mmくらいの黒い枠がつけられている。
        どうしてこんなものわざわざつけたんだろう?









        JUGEMテーマ:No Music, No Life

        | RECORDS | comments(0) | - | posted by mono-mono
        コピー品 09:51
        0


          工業製品と聞いてイメージするモノがある。
          画一的で、均一で、無表情で、冷たい。
          工業製品は多くの場合、同じものが大量に作られる。
          大量生産によってコストを下げ、安価で提供される。
          安かろう悪かろうでは商売にならないが、そんな言葉もふとよぎる。
          大量生産品という言葉からイメージするモノは、あまり心躍る製品ではない。
          しかし、私たちの手にする多くのモノは、工業製品であり大量生産品である。

          私の大好きなレコードだって、工業製品であり、大量生産品である。
          コピー品である。
          売れれば売れただけコピーしてまた売る。
          つまり、同じものがたくさんある、ということだ。
          どのくらい同じものがたくさんあるかは、タイトル次第ではあるが。

          「レコード」と「工業製品」「大量生産」という言葉を結びつけて考えたことはあまり無かった。
          薄いプラスチックの黒い円盤を薄いボール紙のパッケージにおさめてある、というレコードの画一的な特徴を、工業製品のイメージと照らし合わせてみれば、レコードは工業製品そのものではないか。
          見た目では区別がつかない同じものを、だからこそ、他のレコードと違って見えるよう工夫したのがジャケットであろう。
          パッケージにカラフルなデザインをほどこして自らをアピールしているわけだ。

          私が入手するレコードのほとんどは中古品である。
          1960年代や、さらに古い年代のオリジナルプレスともなれば、ゆうに50年以上前の工業製品ということだ。
          間違いなく、自分以外の誰かが所有し、手放したレコードである。
          程度の良い中古品であるならば、それだけで価値が増すのは当然である。
          店頭で見かける、新品のようなコンディションのオリジナルプレスとは、ひとつの完結した奇跡である。
          わが家には決して縁がないのだけれど。

          大量生産の工業製品でも、年月を経ることで個体差が生まれる。
          いつでもどこでも手に入るはずだったモノが、あるときから1点モノとなりえるのだ。
          新品の際、キズやシミは排除されるが、時代を経ることで魅力ともなり得る、ということだ。
          しかし、中古市場においても、キズやシミが歓迎されることはほとんどない。
          自分で新品を買って長年気に入って所有するうちに生じたのなら別だが、見知らぬ誰かがつけたキズを無条件に受け入れることは難しい。

          アーティスト本人の名前が、ジャケットに手書きされているレコードをまれに見かける。
          本人のサインではないか、と思われる場合のことであって、決して前所有者の落書きがされたレコードという意味ではない。
          本人のサインのように見えても、レコード店での評価は、基本的にキズやシミと同等である。
          本人のサインと特定、断定できない、というのがその理由である。
          そう、ビートルズやストーンズクラスなら別だが、ジョン・レノンやキース・リチャーズのサインはきっちり鑑定人がいて国際的に評価されている。
          鑑定書だって付く。
          こうなるとも有価証券と同等に取引される。
          レコードとしては扱われない、とも言える。

          先日店頭で見つけたレコードジャケットには大きな落書きがあって、棚から引き抜いて、ウワっとのけぞってしまった(笑)。
          ジェフ・マルダーとエイモス・ギャレットのサイン入り!
          もちろん、本人のサインと断定はできないが、私的には宝物だ。

          世界に1枚だけのレコードを入手してしまったのだから。

          このレコードを聴きながらジャケットを眺めていると、いつサインされたのか、が知りたくなる。
          これがリリースされたのは1978年。
          二人が一緒に日本をツアーしたのは、1979年と2010年の2回。
          1979年のときだろうか?という期待が一番だ。

          あるいはアメリカでアメリカ人がサインをもらってそのレコードを手放し、中古業者の手を経て日本に持ち込まれたのなのだろうか。
          日本人がアメリカでこのレコードにサインをもらって所有していたものを手放したのだろうか。
          想像は広がるが決して答えは出ない。

           

           

           

           

           

          JUGEMテーマ:No Music, No Life

           

           

           

           

           

          | RECORDS | comments(0) | - | posted by mono-mono
          << | 2/4 | >>