MONOmonologue pt.2MONOmonologueのパート2です。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
RIP, TOM 23:58
0

     

     

    まじか。

    なんてこった。

     

    JUGEMテーマ:No Music, No Life

     

    | TALK ABOUT MUSIC | comments(0) | - | posted by mono-mono
    アビーロード(笑) 00:00
    0
      あらま、9月ももうおしまいだ。



      JUGEMテーマ:No Music, No Life

      | TALK ABOUT MUSIC | comments(0) | - | posted by mono-mono
      Mellow Waves 21:04
      0

        コーネリアスの新作「Mellow Waves」である。
        前作の「sensuous」から11年ぶりのリリースなのだそう。
        そうか、そんなに久しぶりなのか。
        「デザインあ」や甲殻機動隊のサントラ、METAFIVEなどさまざまなプロジェクトでの活動を目に(耳に)していたので、そこまで間があいていたとは。

        アマゾンで発注、ではなく店頭へ発売初日に買いに行った。
        どこで買おうか?と考えて考えてひらめいた。

        渋谷HMVに行こう。

        かつて「渋谷系」の総本山だった渋谷HMVは東急本店の近くにあった。
        その後、現在のFOREVER21のある場所に移転し、閉店した。
        昨年だっただろうか、「HMV&BOOKS TOKYO」として旧丸井のビルに再オープンした。
        つまり、HMV&BOOKS TOKYOはかつてとは別の場所にあるし、別の店といったほうがよいのではないか。
        まあ、それはそれで良い。
        「渋谷HMVでコーネリアスの新譜を買う」ということが個人的に重要なのだ(笑)。
        購入時、小さな缶バッチをおまけでもらった。

        その昔、コーネリアスとときどき道ですれ違っていた時期がある。
        六本木の路上で、六本木ヒルズの開発が始まる少し前のことだ。
        場所は、テレビ朝日通り。
        時間は、きまって朝だった。
        コーネリアスのアルバムでいうと、「69/96」から「FANTASMA」の頃のことだ。
        そのころ私の仕事場は西麻布にあって、六本木駅から歩いていくと、テレビ朝日通りのあたりで彼を見かけることがあった。
        彼はギターケースを持っていたり、仲間と一緒だったりした。
        スタジオでレコーディングをしての帰りだったらしい。
        私の出勤時に、仕事終わりと思われる彼とすれ違っていた、ということらしい。

        「Mellow Waves」
        コーネリアスが唄っている。
        そして、とても個人的で親密な音空間だ。
        これまでにない質感である。
        温もり、というか体温というか、彼の息遣いを感じる。
        これまでのアルバムと明らかに違う。
        そんな変化に最初はとまどった。
        拒否感すら覚えた。
        しかし、聴くほどになじんできた。
        これは良いアルバムだ。
        音も素晴らしく良い。
        レコードでも聴いてみたい。

        彼と道ですれ違っていた頃から20年たつ。
        お互い齢をとったものだ。





        JUGEMテーマ:No Music, No Life

        | TALK ABOUT MUSIC | comments(0) | - | posted by mono-mono
        NEW DISK, NEW SOUND 07:07
        0


          新譜レコードを買った。
          日頃は中古ばかりなので、新品のレコードを買うなんて、ずいぶん久しぶりのことだ。
          いやいや。
          久しぶりなんてものではなくて、20年、25年ぶりくらいではないか。
          新譜のレコードを買う日が再びくるなんてね。
          CDが登場したときに、レコードは消える運命ではなかったのか?

          ソニーがレコード生産を再開するというニュースを目にした。
          時代は変わるものだ。
          ソニーがレコードを作る日が再びくるなんて、ねえ。
          CD化を推し進めたのがソニーというのが私の印象なのだが。

          さてこのレコード、FLEET FOXESの新譜である。
          6年ぶりの新作なのだという。
          その間、ほとんど情報がないともなれば、このまま解散してしまうのではないか?、と思われるほどの年月だ。
          そう思っていたのだから、このアルバムを手にできる喜びもひとしおというものだ。
          ネットで見た新譜のトレイラー映像で、いやがおうにも期待は高まっていた。
          その上でのこのレコードなのだ。

          届いたレコードのシュリンクラップを開けるのがためらわれてしまう。
          レコードを聴くためには、シュリンクを開けないわけにはいかないし、保存用にもう一枚買う、なんて贅沢も許されない。
          ああ。
          封を切った瞬間、新品のレコードは、「シールド」状態から「シュリンク」状態になってしまった。
          シュリンクの上には、ステッカーが貼られている。
          いまのところ、このシュリンクラップをはがす勇気は無い。

          なので、見開きジャケットの見開き部分を見ることができない。

          レコードを取り出して驚いた。
          内溝に「STERLING」と入っているではないか。
          書体こそ70年代のモノとは異なるが、まごうことなき「STERLING」刻印だ。
          ジャケットのクレジットを見てみれば「Mastered by GREG CALIB at STERLING SOUND, NEW YORK」とある。
          「STERLING」の横には、手書きで「RKS」と刻印が入っている。
          これは?

          FLEET FOXESの音楽を楽しみにしていたのはもちろんなのだが、レコードの「音」には、あまり期待していなかった。
          レコードは、リリースすることに意味がある、とか、ジャケットが大きいのが良い、程度でのリリースではないかと勘ぐっていた。
          だからこそ、これまでぜんぜん手を出してこなかったのだ。
          しかし、聴いて仰天した。
          こんなレコードの音、初めてだ。
          この音の良さはなんだろう。
          いままでに聴いたことのない、精密なサウンドなのだ。
          目の前に、3Dプリンタで作った音のジオラマが出現したようだ!
          いやあ、びっくりした。

          レコードの音も進化している。
          これは大きな発見だ。
          そろそろ届くはずの、JEFF TWEEDYのレコードがいよいよ楽しみだ。
          レコード内溝の刻印も含めて、ね。





           

           

          JUGEMテーマ:No Music, No Life

           

           

          | RECORDS | comments(0) | - | posted by mono-mono
          レコードの時代 21:53
          0


            レコードブームが来ている、らしい。
            風前のともしびと思われたレコードが、ここへきてにわかに注目を集めている。
            新譜レコードの販売数は右肩上がりなんだそう。
            まあ、もともとの販売数が少なかったのだろうけれど。
            中古レコード店で若い人を見かける機会が増えている、ような気もする。
            これってレコードブームによるものなのだろうか?

            CDが売れない、音楽データも売れない、と言われる。
            YouTubeなど、これだけ無料のメディアがあれば、それはもっともであろう。
            そんな状況にあって、音楽業界の期待が「レコード」に寄せられている。

            CDの登場とともに、いちどは見限られたレコードなのだ。
            そんなレコードを買い続けてきた身として、想いは複雑だ。
            レコードブームの兆しに、どこか反発してしまう。
            身構えてしまう。

            いまレコードに注目しているのは、レコードを知らない世代なんだろう。
            でも、流行の音楽を聴き流すだけではない層、つまりは「音楽好き」といわれるような人たちは、いつだって少数派だった。
            流行は遠からずさるだろう。
            しかし、ブームで中古市場を荒らされたらたまらんな、なんて思うアマノジャクな私なのであった。

            時代遅れだったレコードが、周回遅れでトップにたちそう、というカンジか。
            なんてこった。
            最初は冗談とも思われたが、カセットテープも最近はよく目にする。
            なんとまあ、おかしなこともあるもんだ。

             

             

             

            JUGEMテーマ:No Music, No Life

             

             

             

            | TALK ABOUT MUSIC | comments(4) | - | posted by mono-mono
            | 1/7 | >>