MONOmonologue pt.2MONOmonologueのパート2です。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | - | - | posted by スポンサードリンク
    アイコ、アイコ 11:17
    0


      レコードライブラリから聴きたいレコードを選ぶ。

      ターンテーブルに載せ、そっと針を落とす。


      その日、そのときどきの気分があって、今日はこのレコードの気分だなとか、このレコードの気分じゃないな、などと選ぶ。
      その日の気分にフィットするレコードとフィットしないレコードがあるということだ。
      これはつまり、日々聴きたい音楽が違うということだ。

      これを未知の音楽との出会いの場面に照らし合わせて考えてみる。
      素晴らしい音楽に出会っても、その日の気分にフィットしないがゆえに、スルーしてしまっている可能性はないだろうか。
      そう考えると少々怖い。

      私がドクター・ジョンと出会ったのは20代半ばの頃。
      20年前の話だ。
      たまたま「アイコ・アイコ」を耳にして、面白い音楽だな、と思った。
      ハードなロックばかり聴いていた10代をすぎ、ジャズやブルースなどにも興味の範囲を広げていた頃だった。
      そうして彼の「ガンボ」というレコードを手にした。
      見開きジャケットの国内盤だった。

      ジャストなタイミングでの幸運な出会いだった、というほかない。

      「ガンボ」は音楽の楽しさがつまったレコードだった。
      しゃがれた声、饒舌なピアノ、多様なリズム、ユーモア満載のアレンジ。
      このレコードの楽しさは、音楽だけではない。
      すっとぼけたジャケットデザインが絶妙だ。
      ぱっと見、おじいさんに見える(笑)
      このころドクター・ジョンは30代。
      セッションマンとしてもさまざまなレコードに引っ張りだこ。
      そういう時期だったのだろう。

      DR.JOHN "GUMBO" (ATCO SD 7006)

      今回入手したのはアメリカ盤オリジナル。
      私的には案外出会ことが少ないレコードなのだった。

      音楽との出会いに、タイミングは重要だが、音楽との出会いをコントロールすることはできない。
      ある音楽と出会ったとき、受け入れられるかどうかの問題だ。
      その1点にかかっている、ともいえる。
      ニュートラルな耳で新たな音楽に向き合うことができるか、にかかっている。
      一発で気に入る場合もあるし、じっくりつきあってはじめて分かる場合もある。
      じっくりつき合ってもいまだに分からないレコードもあるが、どうしてつき合い続けられるのかは謎だ。
      じっくりつき合うべきだと思わせる何かがあるのだが、それが何かも分からない。

      難しいのはむしろ、ぴんと来なくてそれっきりになったレコードなのだと今は思う。
      「ダメダコリャ」「失敗した」
      そんな風に思うレコードにこそ、時間をおいて再挑戦する価値があるのかもしれない。
      一生聴き続ける音楽との出会いは、どこに埋もれているか分からない。

      幸運な出会いを果たした、この「ガンボ」はいまでも頻繁に聴くレコードだ。
      チビ達も大好きで「アイコッ、アイコッ、アイコアイコアンデ〜♪」って一緒に歌いだす。
      最高だ。

       

       

       

       

      JUGEMテーマ:No Music, No Life

       

       

       

       

      | RECORDS | comments(4) | - | posted by mono-mono
      スポンサーサイト 11:17
      0
        | - | - | - | posted by スポンサードリンク
        Comment








        god-zi-llaさん、どうも!

        お気遣いいただき、すみません(笑)

        楽しいレコードですよね!
        アイコ・アイコ、口ずさんでしまいますよね。

        「ぜんぜん変わんないよなーと思ってた」
        「このジャケ写では若い」
        ですよね、分かります分かります。

        とはいえ「ネヴィル・ブラザーズのライヴ見に行ったとき」
        、、、うらやましい、、、。
        posted by mono-mono | 2017/04/05 7:30 AM |
        mono-monoさん こんにちは。

        アイコ・アイコ、いい曲ですよね。いかにもニューオーリンズの歌!って感じで。

        ネヴィル・ブラザーズのライヴ見に行ったときも当然のようにこの曲をやって、すごく盛り上がってました。

        ところで、うちにも同じ「ガンボ」のレコードがあるので引っぱり出してジャケットを眺めてたのですが、今も昔も(ヒゲと杖のせいか)ぜんぜん変わんないよなーと思ってたドクター・ジョンがやっぱりこのジャケ写では若いです。ヒゲ黒いし(笑)

        だけど本当に良いレコードですね、ガンボ。
        posted by god-zi-lla | 2017/04/04 9:44 AM |
        goldenblueさん、どうも!

        そのときの気分ですよね、最終的には。
        出会いのチャンスはどこにでもあるのに、すっと入ってくるタイミングがあるいっぽうで、受け入れられないときもあるんですよね。
        難しいっす。
        posted by mono-mono | 2017/04/02 11:43 AM |
        monoーmonoさん、こんばんは。
        世の中の音楽には悪い音楽というものはひとつもなくって、自分の気分や心の状態に合う音楽と今は合わない音楽があるだけだと最近は思っています。
        そういう中に、一握りだけ、気分じゃなくてもその音楽の気分に持っていかれてしまうような音楽あがって、「ガンボ」は、そういう音楽のひとつかと。
        posted by goldenblue | 2017/03/31 10:31 PM |
        << NEW | TOP | OLD>>