MONOmonologue pt.2MONOmonologueのパート2です。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | - | - | posted by スポンサードリンク
    何枚買えば気が済むのか? 11:53
    0


      私が音楽に夢中になりだしたのは中学生になってからだ。
      レコード屋さんに一人で行って、レコードを買うようになったのは、たぶん中2の頃だ。
      とにかくたくさんの音楽が聴きたくて、なけなしの小遣いでレコードを買った。
      買えるのは、月にせいぜい1枚2枚。
      あとは友人との貸し借りで聴いた。
      カセットテープがどんどん増えた。
      カセットテープのレーベルに、手書きでバンド名やタイトルをレタリングした。
      定期試験前、家で勉強中に書き出して、妙にはまって時間かけちゃって勉強どころじゃなくなる、なんて懐かしい。
      地方都市の中学生だから情報収集能力も限られていた。
      ヒット曲以外の音楽、しかも洋楽を聴く友達も限られていた。
      インターネットなんて影も形も無い頃の話だ。
      ラジオや雑誌で情報を仕入れてレコード屋さんに行っても在庫が無くて、注文して入荷予定日に行ってみたら廃盤になってたり、なんてことも良くあった。

      そんな「たくさん音楽を聴きたい時期」を経て、20代も後半になった頃、オーディオとの出会いがあった。
      きちんとしたオーディオでレコードを聴く機会があった。
      いままで聴いたことのない立体感で音が立ち上がった。
      なんだこれは!
      何度も聴いてきたレコードの、音の存在感や奥行きに信じられない違いがあった。
      それまで気付くことのなかった音が聴こえてくるということにも驚いた。
      アンプやスピーカーといった、オーディオシステムそれ自体のデザインにも強くひかれた。
      社会人となり手の届く機器の範囲も少しづつ上がって、それでもこつこつお金を貯めてオーディオを買いそろえていった。
      機器をつなぐケーブルもいろいろ試してみた。
      みるみる音が良くなっていくのが嬉しかった。
      音が良くなるにしたがって、さらに音楽にものめり込んだ。
      聴き馴染んだ手持ちのレコードにも新しい発見の連続だった。
      レコード屋に行って、レコードを探すこともさらに楽しくなった。
      レコードにも、音のいいオリジナル盤なるものがあって、、、とかね。

      ずっとこんなふうに過ごしてきた。

      中学生の頃から私には、いつも音楽が生活の中心にあって、一番大事なものなのだ。
      今でも毎週のようにレコード屋に通っている。
      レコードを一体、何枚買えば気が済むのか?(笑)

      JAMES TYLOR / ONE MAN DOG (BS 2660)

      今回紹介するのは、ジェイムス・テイラー「ワン・マン・ドッグ」である。
      このレコードを聴いて彼の大ファンになった。
      もう20年も前のことだ。
      それまでジェイムス・テイラーは知っていたが、数枚LPを聴いたことがある、という程度だった。
      SIDE1の冒頭、One Man Parade から引き込まれた。
      シンプルで暖かいサウンド。
      とても親密な雰囲気に満ちている。
      でも一瞬、異国的な不思議な風が吹く。
      その風がとても気持ちいい。

      ジャケットも素晴らしい。
      オールを手にボートの後ろに立つジェイムス・テイラー。
      足もとには一匹の犬。
      こちらをまっすぐに見ている彼の顔からは不思議と感情が読み取れない。
      裏ジャケットの、納屋を改装したようなスタジオ風景がたまらない。
      このレコードは、近所で行われたガラクタ市で見つけた。
      アメリカ盤のオリジナルだったが、ジャケットも盤も、コンディションはそれなりのものだった。
      何度も何度も聴いた。

      もう少し程度の良いレコードが欲しくなって探すようになった。
      すでに1枚持っているので気長に探していた。
      このレコードはアップル盤やアメリカでの1st、2ndほどには出回っていない。
      そして見つけたのが「クアドラディスク」だった。
      70年代後半だろうか、4チャンネルステレオ、という再生システムが売り出された。
      ステレオ(2チャンネル)プラス、リアに2本のスピーカーをセットし立体的に音を出すというもの。
      そのシステムに対応したレコードが「クアドラディスク」だ。
      4チャンネルステレオに対応したオーディオシステムは無いのだが、通常のステレオカートリッジで再生は可能だ。
      通常盤と較べて繊細な音がして悪くない。

      そして今回3枚目の「ワン・マン・ドッグ」を入手した。
      なぜか?

      このアルバムのジャケットには、タイトルもアーティスト名も表記が無い。
      発売当時、タイトルとアーティスト名が書かれたステッカーが貼られていたことを知った。
      そのステッカーはシュリンクラップの上に貼られていたので、中古盤ではほとんど残っていない。
      ステッカー付きが欲しい、とは思ったものの、ぜんぜん見かけることがなかった。
      探し続けて一度見かけたことはあったがプロモーション盤だったこともありとても高価だった。

      縁あって今回手に入った。
      ステッカー付きということは、シュリンク付きということであり、ジャケットのコンディションは申し分ない。
      盤のコンディションも良い。
      あらためてこのレコードを聞いて、またこの音楽に夢中になってしまう、ということなのだ。
      嬉しい。
      これでひとまず「ワン・マン・ドッグ」は「あがり」である。

      さすがに4枚目はない、と思う(笑)

       

       

       

       

      JUGEMテーマ:No Music, No Life

       

       

       

       

      | RECORDS | comments(0) | - | posted by mono-mono
      スポンサーサイト 11:53
      0
        | - | - | - | posted by スポンサードリンク
        Comment








        << NEW | TOP | OLD>>