MONOmonologue pt.2MONOmonologueのパート2です。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
STERLING RL 14:32
1


これもまた、20代に出会ったレコードの買い換えだ。
再発盤を買ってずっと聴き込んできた。
ここのところ、こんなことばかり繰り返している。

スライ・アンド・ザ・ファミリーストーン「フレッシュ」。

彼らの代表作と言えば「スタンド」や「暴動」になるのか。
それらはあらためて言うまでもない名盤である。
しかし、私は、この「フレッシュ」や「スモール・トーク」をターンテーブルに載せることのほうが多い。
「スタンド」や「暴動」に入っている有名曲は、いろいろなところで耳にすることが多いからなのかもしれない。
あるいは単に有名盤を聴いてたまるか、というアマノジャク気質がそうさせているのだろうか。

このレコードの「ケセラセラ」が特に大好きなのだ。
音の隙間がたくさんあってスッカスかな演奏なのに、強烈なグルーヴを感じる。
他の曲も全体に力が抜けていてユルイ。
そのあたりもこのレコードが好きな理由かもしれない。

私が中古レコード店にいってチェックするのは、ロックであり、ジャズが中心。
ワンフロアのお店でもブラックミュージック系のレコードは後回しになる。
ましてやブラックミュージックのフロアや専門店に足を運ぶことはほとんどない。
なのでこのレコードに出会えたのはラッキーだった。

見開きジャケットでインナースリーヴ付き。
レコード盤の内周には「STERLING RL」刻印入り。
こんなところにもボブ・ラディックが!
ラッキー。

もともと持っていた再発盤ジャケットには、オリジナルジャケットに5mmくらいの黒い枠がつけられている。
どうしてこんなものわざわざつけたんだろう?









JUGEMテーマ:No Music, No Life

| RECORDS | comments(0) | - | posted by mono-mono
スポンサーサイト 14:32
0
    | - | - | - | posted by スポンサードリンク
    Comment








    << NEW | TOP | OLD>>