MONOmonologue pt.2MONOmonologueのパート2です。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | - | - | posted by スポンサードリンク
    コピー品 09:51
    0


      工業製品と聞いてイメージするモノがある。
      画一的で、均一で、無表情で、冷たい。
      工業製品は多くの場合、同じものが大量に作られる。
      大量生産によってコストを下げ、安価で提供される。
      安かろう悪かろうでは商売にならないが、そんな言葉もふとよぎる。
      大量生産品という言葉からイメージするモノは、あまり心躍る製品ではない。
      しかし、私たちの手にする多くのモノは、工業製品であり大量生産品である。

      私の大好きなレコードだって、工業製品であり、大量生産品である。
      コピー品である。
      売れれば売れただけコピーしてまた売る。
      つまり、同じものがたくさんある、ということだ。
      どのくらい同じものがたくさんあるかは、タイトル次第ではあるが。

      「レコード」と「工業製品」「大量生産」という言葉を結びつけて考えたことはあまり無かった。
      薄いプラスチックの黒い円盤を薄いボール紙のパッケージにおさめてある、というレコードの画一的な特徴を、工業製品のイメージと照らし合わせてみれば、レコードは工業製品そのものではないか。
      見た目では区別がつかない同じものを、だからこそ、他のレコードと違って見えるよう工夫したのがジャケットであろう。
      パッケージにカラフルなデザインをほどこして自らをアピールしているわけだ。

      私が入手するレコードのほとんどは中古品である。
      1960年代や、さらに古い年代のオリジナルプレスともなれば、ゆうに50年以上前の工業製品ということだ。
      間違いなく、自分以外の誰かが所有し、手放したレコードである。
      程度の良い中古品であるならば、それだけで価値が増すのは当然である。
      店頭で見かける、新品のようなコンディションのオリジナルプレスとは、ひとつの完結した奇跡である。
      わが家には決して縁がないのだけれど。

      大量生産の工業製品でも、年月を経ることで個体差が生まれる。
      いつでもどこでも手に入るはずだったモノが、あるときから1点モノとなりえるのだ。
      新品の際、キズやシミは排除されるが、時代を経ることで魅力ともなり得る、ということだ。
      しかし、中古市場においても、キズやシミが歓迎されることはほとんどない。
      自分で新品を買って長年気に入って所有するうちに生じたのなら別だが、見知らぬ誰かがつけたキズを無条件に受け入れることは難しい。

      アーティスト本人の名前が、ジャケットに手書きされているレコードをまれに見かける。
      本人のサインではないか、と思われる場合のことであって、決して前所有者の落書きがされたレコードという意味ではない。
      本人のサインのように見えても、レコード店での評価は、基本的にキズやシミと同等である。
      本人のサインと特定、断定できない、というのがその理由である。
      そう、ビートルズやストーンズクラスなら別だが、ジョン・レノンやキース・リチャーズのサインはきっちり鑑定人がいて国際的に評価されている。
      鑑定書だって付く。
      こうなるとも有価証券と同等に取引される。
      レコードとしては扱われない、とも言える。

      先日店頭で見つけたレコードジャケットには大きな落書きがあって、棚から引き抜いて、ウワっとのけぞってしまった(笑)。
      ジェフ・マルダーとエイモス・ギャレットのサイン入り!
      もちろん、本人のサインと断定はできないが、私的には宝物だ。

      世界に1枚だけのレコードを入手してしまったのだから。

      このレコードを聴きながらジャケットを眺めていると、いつサインされたのか、が知りたくなる。
      これがリリースされたのは1978年。
      二人が一緒に日本をツアーしたのは、1979年と2010年の2回。
      1979年のときだろうか?という期待が一番だ。

      あるいはアメリカでアメリカ人がサインをもらってそのレコードを手放し、中古業者の手を経て日本に持ち込まれたのなのだろうか。
      日本人がアメリカでこのレコードにサインをもらって所有していたものを手放したのだろうか。
      想像は広がるが決して答えは出ない。

       

       

       

       

       

      JUGEMテーマ:No Music, No Life

       

       

       

       

       

      | RECORDS | comments(0) | - | posted by mono-mono
      スポンサーサイト 09:51
      0
        | - | - | - | posted by スポンサードリンク
        Comment








        << NEW | TOP | OLD>>