MONOmonologue pt.2MONOmonologueのパート2です。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | - | - | posted by スポンサードリンク
    コーヒーにドーナツ盤、黒いニットのタイ。 17:06
    0

      片岡義男の新刊が出た。
      片岡義男.comを毎日見ているくせに、そのことを知ったのは数日前だ。
      「コーヒーにドーナツ盤、黒いニットのタイ。」という。
      最高のタイトルだ。
      タイトルだけで十分に楽しめる。
      「あなたの大好きなモノばかり並んでいるのね」と妻は笑った。

      片岡義男初の自伝的小説なのだという。
      大学生から作家になるまでの、1960年から1973年に焦点をあてた、121枚のレコードを背景にした物語だ。
      これはもう一刻も早く読みたいではないか。

      片岡義男.comでは、「コーヒーにドーナツ盤、黒いニットのタイ。」の担当編集者による制作舞台裏エッセイが読める。
      これが読みごたえ十分でボリュームたっぷり。
      この担当編集者、篠原恒木さんのツイッターを見ていたら、パルコブックセンター吉祥寺店にサイン本入荷の知らせがあった!
      吉祥寺店にあるのなら、渋谷店にもないかと電話で在庫を問い合わせてみた。

      「コーヒーにドーナツ盤、黒いニットのタイの入荷予定はありません」

      がっくり。
      念のためパルコブックセンター吉祥寺店にも在庫を確認してみた。

      「ございます。取り置きいたしましょうか?」

      同じパルコブックセンターでもこんなに違うんだって驚いた。
      というわけで、こうしてサイン本を入手することが出来た。
      嬉しい。
      片岡義男のサイン本は2冊めだ。
      ウシシ。

      でも今は、「細野晴臣の録音術」というとんでもなく面白い本を読んでいるから、ちょっとお預け。




       
      | BOOKS (AUTOGRAPHED) | comments(4) | - | posted by mono-mono
      | 1/1 |