MONOmonologue pt.2MONOmonologueのパート2です。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
MADE IN ENGLAND 12:00
0

     

    このレコード画像にデジャヴ感を感じた方、正解です。

     

    3月のこの記事で、ジェイムス・テイラー「ワン・マン・ドッグ」への愛と、レコードの蒐集遍歴を綴った。
    このとき手に入れたのは3枚目、「ワン・マン・ドッグ」はあがりのつもりだった。
    だからこのときの記事を「さすがに4枚目はない、と思う(笑)」と結んだのだ。


    はたして、4枚目はあった(笑)


    これまで所有していたのはすべてアメリカ盤だった。
    ジェイムス・テイラーはアメリカ人で、アメリカのレコード会社からのリリース。
    アメリカ盤以外に注意を払っていなかった。
    今回、英国盤を見つけてしまった。
    いや、出会ってしまった。

    JAMES TYLOR / ONE MAN DOG (K46185)

    困ったことにコンディションが見事だったのである。
    発売直後にイギリスで買ってタイムマシーンでいま持ってきた、としか思えない。
    ジャケットも、レコード盤も、ピッカピカ。
    え、これが45年前に作られたレコード?! とにわかに信じられないくらいだ。
    こんな新品同様の英国盤「ワン・マン・ドッグ」が目の前に出現してしまったのだ。
    アルバムタイトルのステッカーが英国盤はジャケットにじか貼りされている、なんてこともはじめて知った。

    で、どうする、買う?

    「買わない」という選択肢のことも一瞬考えた。
    さすがに同じレコードの4枚目は無いでしょ、と。
    他に目立った収穫があった日だったら見送ったかもしれない。
    が、運よく(悪く?)たいした収穫はなかった。

    なにしろ大好きなアルバムの、素晴らしいコンディションの英国盤なのだ。
    「英国盤ってどんな音がするのだろう?」という健全な興味もムクムクと芽生えるではないか。
    いろんな言い訳を自分に用意しつつこうして手に入れることとなった。

    しかし、まあ、ほんとに何枚買えば気が済むのか?

    さすがに「ワン・マン・ドッグ」は、これであがり、かな?
    5枚目はない、、、と思う(笑)

    素晴らしいコンディションの初回国内盤帯付きが目の前に現れたら、、、5枚目か。
    いやいや、いやいや。
     

     

    JUGEMテーマ:No Music, No Life

     

    | RECORDS | comments(2) | - | posted by mono-mono
    名盤との距離 12:00
    0


      ジャズを聴き始めた頃、どのレコードを聴いたら良いか分からなかった。

      教えてくれる人もいなかった。
      名盤100選といった入門書を読んで、これは、と思うレコードに目星をつけ、中古レコード店へ行ってはこつこつ買った。
      ジャズを聴き始めてみると、いろいろなタイプのジャズがあることを知った。
      スイング、ビバップ、ハードバップ、クール、モード、フリーなどなど。
      一聴して好きになるレコードから、いまいちなのから、とても聴いていられないのから、分からないなりに気になるものなどさまざまだった。
      一枚一枚一生懸命聴いた。
      そうやって手に入れたレコードの多くは、ジャズ好きならたいてい知っているようなレコードだった。
      ジャケットを見れば、ああこれね、と分かるくらいに。

      そんな、誰でも知っているレコードを「名盤」というのではないか。

      「名盤」とは、たぶん素晴らしいレコードのことだ。
      多くの人が高く評価しているレコードということだろう。
      有名な評論家や名のあるミュージシャンが「良い」と言っているレコードのことだ。
      しかし、誰かにとっての名盤が、私にとっての名盤とは限らない。

      名盤を聴いて、好みじゃなかったり好きになれないと悔しい。
      なので、繰り返し聴いてみる。
      聴いているうちに分かってきたら嬉しい。
      何度も何度も聴いて、やっとわかるレコードがある。
      一方で、何度聴いても、努力の甲斐なくレコード棚の奥にしまわれてしまうレコードもある。
      忘れた頃にあらためて聴きその良さに気づく、なんてこともたまにはあるが。

      ジャズを聴きだしてしばらくたった頃、名盤を買うことが急に恥ずかしくなった。
      誰でも知っているようなレコードを買っているのはジャズ初心者にしか見えないのでは? と格好悪く思われたのだ。
      自分はジャズをちょっと知ってるんだからね、ということを態度で示したい時期だったのだろう。
      マイナー盤を買ってこそジャズ通って訳だ。
      つまり私は、若かったし青かった、ということだ。
      今となっては、超有名なレコードであっても、恥ずかしげもなくレジに向かうことが出来るようになった。
      自分の成長(老い?)を実感する瞬間である(笑)

      名盤との付き合い方は難しい。
      年齢によっても名盤との距離感は変わってくる。

      かつての私はバラードが苦手だった。
      アップテンポな、いわゆるゴリゴリなハードバップが好きで、それだけをジャズに求めていた。
      「ウィズ・ストリングス? ちょっと待ってよ」なんて具合。
      アルバムの流れの中でのバラードなら仕方ないが、バラード集となると興味が持てなかった。

      JOHN COLTRANE "BALLADS" impulse! AS-32

      ジョン・コルトレーンのバラード集といえばこれだろう。
      ジャズ入門書にも紹介される、ザ名盤だ。
      向学のために、その昔CDを買ったが、ほとんど聴くことはなかった。(笑)。
      最初の曲、「Say It (over And Over Again)」のイントロからして甘すぎる、と思っていた。
      単なるムードミュージックではないか、と。

      今回レコードを入手して、じっくり聴いてみた。
      良い。
      とても良い。
      コルトレーンのサックスをシンプルに味わうことが出来る。
      一説によると、このレコード吹込時、マウスピース(リード?)の調子が悪くバリバリ吹くことができなかったのでバラード集になったとのこと。
      なるほど、メロディ重視。
      ストレートにメロディを吹いている。
      このアルバムの素晴らしさを、この齢になってようやく理解できた。
      これもまた、自分の成長(老い?)を実感する瞬間である(笑)

      このレコードを手にすることができたのは「運」である。

      入手経緯はこうだ。

      めったに行かない場所へ行く用事ができた。
      近くに中古レコード屋があることを知り立ち寄った。
      引き上げたこのレコードの値札に「赤黒、VAN GELDER」と書かれていた。

      「赤黒」とは、レコード盤の真ん中、収録曲のタイトルなどが書かれているレーベル部分のデザインの説明である。
      オレンジ→赤黒→黒→緑と、レコードのプレス時期によってデザインが変更されている。
      そして「VAN GELDER」とは、このレコードを録音・制作したエンジニア自身が原盤を手掛けたという刻印が入っている、ということ。

      このレコードは、VAN GELDER刻印よりBELL SOUND刻印のほうが多いのではなかったか?
      VAN GELDER刻印の入った盤は最初期のプレスに限られるのではないか、と。

      レジで検盤させてもらうと、まず出てきたのはインパルスレコード初期の内袋だった。
      オっとなり、続けて取り出したレコード盤のセンターレーベルはオレンジだった。

      つまり、初期プレス。
      「!!」

      のけぞってしまった。
      両面の内溝には確かにVAN GELDER刻印が入っていた。
      ラッキー。
      まだまだレコード店の棚には夢がある!(笑)

      釣りは、「フナに始まりフナに終わる」といわれる。

      この言葉には諸説あるらしいが、子どもの頃にフナで釣りの楽しさを覚え、大人になり行動範囲が広がると、海や渓流に足を運ぶようになってフナから遠ざかっていく。
      しかし、老いてきて遠出が難しくなってくるとまた近所の小川でフナを釣るということ。


      音楽好きも、「名盤にはじまり名盤に終わる」のだろうか?

      名盤で音楽の楽しさを覚え、マイナー盤、限定盤、レア盤、海賊盤、、、そして老いてまた名盤に戻るということか。


      まあ、一理あるかも。

      いやいや、そんな言葉そもそもないって(笑)



       

       

      JUGEMテーマ:No Music, No Life

       

       

      | RECORDS | comments(4) | - | posted by mono-mono
      NEW DISK, NEW SOUND 07:07
      0


        新譜レコードを買った。
        日頃は中古ばかりなので、新品のレコードを買うなんて、ずいぶん久しぶりのことだ。
        いやいや。
        久しぶりなんてものではなくて、20年、25年ぶりくらいではないか。
        新譜のレコードを買う日が再びくるなんてね。
        CDが登場したときに、レコードは消える運命ではなかったのか?

        ソニーがレコード生産を再開するというニュースを目にした。
        時代は変わるものだ。
        ソニーがレコードを作る日が再びくるなんて、ねえ。
        CD化を推し進めたのがソニーというのが私の印象なのだが。

        さてこのレコード、FLEET FOXESの新譜である。
        6年ぶりの新作なのだという。
        その間、ほとんど情報がないともなれば、このまま解散してしまうのではないか?、と思われるほどの年月だ。
        そう思っていたのだから、このアルバムを手にできる喜びもひとしおというものだ。
        ネットで見た新譜のトレイラー映像で、いやがおうにも期待は高まっていた。
        その上でのこのレコードなのだ。

        届いたレコードのシュリンクラップを開けるのがためらわれてしまう。
        レコードを聴くためには、シュリンクを開けないわけにはいかないし、保存用にもう一枚買う、なんて贅沢も許されない。
        ああ。
        封を切った瞬間、新品のレコードは、「シールド」状態から「シュリンク」状態になってしまった。
        シュリンクの上には、ステッカーが貼られている。
        いまのところ、このシュリンクラップをはがす勇気は無い。

        なので、見開きジャケットの見開き部分を見ることができない。

        レコードを取り出して驚いた。
        内溝に「STERLING」と入っているではないか。
        書体こそ70年代のモノとは異なるが、まごうことなき「STERLING」刻印だ。
        ジャケットのクレジットを見てみれば「Mastered by GREG CALIB at STERLING SOUND, NEW YORK」とある。
        「STERLING」の横には、手書きで「RKS」と刻印が入っている。
        これは?

        FLEET FOXESの音楽を楽しみにしていたのはもちろんなのだが、レコードの「音」には、あまり期待していなかった。
        レコードは、リリースすることに意味がある、とか、ジャケットが大きいのが良い、程度でのリリースではないかと勘ぐっていた。
        だからこそ、これまでぜんぜん手を出してこなかったのだ。
        しかし、聴いて仰天した。
        こんなレコードの音、初めてだ。
        この音の良さはなんだろう。
        いままでに聴いたことのない、精密なサウンドなのだ。
        目の前に、3Dプリンタで作った音のジオラマが出現したようだ!
        いやあ、びっくりした。

        レコードの音も進化している。
        これは大きな発見だ。
        そろそろ届くはずの、JEFF TWEEDYのレコードがいよいよ楽しみだ。
        レコード内溝の刻印も含めて、ね。





         

         

        JUGEMテーマ:No Music, No Life

         

         

        | RECORDS | comments(0) | - | posted by mono-mono
        アイコ、アイコ 11:17
        0


          レコードライブラリから聴きたいレコードを選ぶ。

          ターンテーブルに載せ、そっと針を落とす。


          その日、そのときどきの気分があって、今日はこのレコードの気分だなとか、このレコードの気分じゃないな、などと選ぶ。
          その日の気分にフィットするレコードとフィットしないレコードがあるということだ。
          これはつまり、日々聴きたい音楽が違うということだ。

          これを未知の音楽との出会いの場面に照らし合わせて考えてみる。
          素晴らしい音楽に出会っても、その日の気分にフィットしないがゆえに、スルーしてしまっている可能性はないだろうか。
          そう考えると少々怖い。

          私がドクター・ジョンと出会ったのは20代半ばの頃。
          20年前の話だ。
          たまたま「アイコ・アイコ」を耳にして、面白い音楽だな、と思った。
          ハードなロックばかり聴いていた10代をすぎ、ジャズやブルースなどにも興味の範囲を広げていた頃だった。
          そうして彼の「ガンボ」というレコードを手にした。
          見開きジャケットの国内盤だった。

          ジャストなタイミングでの幸運な出会いだった、というほかない。

          「ガンボ」は音楽の楽しさがつまったレコードだった。
          しゃがれた声、饒舌なピアノ、多様なリズム、ユーモア満載のアレンジ。
          このレコードの楽しさは、音楽だけではない。
          すっとぼけたジャケットデザインが絶妙だ。
          ぱっと見、おじいさんに見える(笑)
          このころドクター・ジョンは30代。
          セッションマンとしてもさまざまなレコードに引っ張りだこ。
          そういう時期だったのだろう。

          DR.JOHN "GUMBO" (ATCO SD 7006)

          今回入手したのはアメリカ盤オリジナル。
          私的には案外出会ことが少ないレコードなのだった。

          音楽との出会いに、タイミングは重要だが、音楽との出会いをコントロールすることはできない。
          ある音楽と出会ったとき、受け入れられるかどうかの問題だ。
          その1点にかかっている、ともいえる。
          ニュートラルな耳で新たな音楽に向き合うことができるか、にかかっている。
          一発で気に入る場合もあるし、じっくりつきあってはじめて分かる場合もある。
          じっくりつき合ってもいまだに分からないレコードもあるが、どうしてつき合い続けられるのかは謎だ。
          じっくりつき合うべきだと思わせる何かがあるのだが、それが何かも分からない。

          難しいのはむしろ、ぴんと来なくてそれっきりになったレコードなのだと今は思う。
          「ダメダコリャ」「失敗した」
          そんな風に思うレコードにこそ、時間をおいて再挑戦する価値があるのかもしれない。
          一生聴き続ける音楽との出会いは、どこに埋もれているか分からない。

          幸運な出会いを果たした、この「ガンボ」はいまでも頻繁に聴くレコードだ。
          チビ達も大好きで「アイコッ、アイコッ、アイコアイコアンデ〜♪」って一緒に歌いだす。
          最高だ。

           

           

           

           

          JUGEMテーマ:No Music, No Life

           

           

           

           

          | RECORDS | comments(4) | - | posted by mono-mono
          何枚買えば気が済むのか? 11:53
          0


            私が音楽に夢中になりだしたのは中学生になってからだ。
            レコード屋さんに一人で行って、レコードを買うようになったのは、たぶん中2の頃だ。
            とにかくたくさんの音楽が聴きたくて、なけなしの小遣いでレコードを買った。
            買えるのは、月にせいぜい1枚2枚。
            あとは友人とレコードの貸し借りで聴いた。

            借りたレコードはカセットテープに録音して聴いた。
            カセットテープはどんどん増えた。
            カセットテープのレーベルに、手書きでアルバムタイトルやバンド名をレタリングした。
            定期試験前、家で勉強中に書き出して、妙にはまって時間かけちゃって勉強どころじゃなくなる、なんて懐かしい。
            地方都市の中学生だから情報収集能力も限られていた。
            ヒット曲以外の音楽、しかも洋楽を聴く友達も限られていた。
            インターネットなんて影も形も無い頃の話だ。
            ラジオや雑誌で情報を仕入れてレコード屋さんに行っても在庫が無くて、注文して入荷予定日に行ってみたら廃盤になってたり、なんてことも良くあった。

            そんな「たくさん音楽を聴きたい時期」を経て、20代も後半になった頃、オーディオとの出会いがあった。
            きちんとしたオーディオでレコードを聴く機会があった。
            いままで聴いたことのない立体感で音が立ち上がった。
            なんだこれは!
            何度も聴いてきたレコードの、音の存在感や奥行きに信じられない違いがあった。
            それまで気付くことのなかった音が聴こえてくるということにも驚いた。
            アンプやスピーカーといった、オーディオシステムそれ自体のデザインにも強くひかれた。
            社会人となり手の届く機器の範囲も少しづつ上がって、それでもこつこつお金を貯めてオーディオを買いそろえていった。
            機器をつなぐケーブルもいろいろ試してみた。
            みるみる音が良くなっていくのが嬉しかった。
            音が良くなるにしたがって、さらに音楽にものめり込んだ。
            聴き馴染んだ手持ちのレコードにも新しい発見の連続だった。
            レコード屋に行って、レコードを探すこともさらに楽しくなった。
            レコードにも、音のいいオリジナル盤なるものがあって、、、とかね。

            ずっとこんなふうに過ごしてきた。

            中学生の頃から私には、いつも音楽が生活の中心にあって、一番大事なものなのだ。
            今でも毎週のようにレコード屋に通っている。
            レコードを一体、何枚買えば気が済むのか?(笑)

            JAMES TYLOR / ONE MAN DOG (BS 2660)

            今回紹介するのは、ジェイムス・テイラー「ワン・マン・ドッグ」である。
            このレコードを聴いて彼の大ファンになった。
            もう20年も前のことだ。
            それまでジェイムス・テイラーは知っていたが、数枚LPを聴いたことがある、という程度だった。
            SIDE1の冒頭、One Man Parade から引き込まれた。
            シンプルで暖かいサウンド。
            とても親密な雰囲気に満ちている。
            でも一瞬、異国的な不思議な風が吹く。
            その風がとても気持ちいい。

            ジャケットも素晴らしい。
            オールを手にボートの後ろに立つジェイムス・テイラー。
            足もとには一匹の犬。
            こちらをまっすぐに見ている彼の顔からは不思議と感情が読み取れない。
            裏ジャケットの、納屋を改装したようなスタジオ風景がたまらない。
            このレコードは、近所で行われたガラクタ市で見つけた。

            1枚たったの100円。
            アメリカ盤のオリジナルだったが、ジャケットも盤も、コンディションはそれなり悪かった。

            何度も何度も聴いた。
            聴けば聴くほど素晴らしかった。


            もう少し程度の良いレコードが欲しくなって探すようになったのは当然の流れだ。
            1枚持っているのだから、と気長に探した。
            このレコードは人気がないのだろうか?

            彼の初期のアルバムの中では比較的見かけることが少ない。
            そして見つけたのが「クアドラディスク」だった。


            70年代後半だろうか、4チャンネルステレオ、という再生システムが売り出された。
            ステレオ(2チャンネル)プラス、リアに2本のスピーカーをセットし立体的に音を出すというもの。
            そのシステムに対応したレコードが「クアドラディスク」だ。
            わが家に4チャンネルステレオに対応したオーディオシステムは無いのだが、ふつうのステレオカートリッジで通常再生は可能だ。
            通常盤と較べて繊細な音がして悪くない。

            そして今回3枚目の「ワン・マン・ドッグ」を入手した。
            なぜか?

            このアルバムのジャケットには、タイトルもアーティスト名も表記が無い。
            発売当時、タイトルとアーティスト名が書かれたステッカーが貼られていたことを知った。
            そのステッカーはシュリンクラップの上に貼られていたので、中古盤ではほとんど残っていない。
            ステッカー付きが欲しい、とは思ったものの、ぜんぜん見かけることがなかった。
            探し続けて一度見かけたことはあったがプロモーション盤だったこともありとても高価だった。

            縁あって今回手に入った。
            ステッカー付きということは、シュリンク付きということであり、ジャケットのコンディションは申し分ない。
            盤のコンディションも良い。
            あらためてこのレコードを聞いて、またこの音楽に夢中になってしまう、ということなのだ。
            嬉しい。
            これでひとまず「ワン・マン・ドッグ」は「あがり」である。

            さすがに4枚目はない、と思う(笑)

             

             

             

            JUGEMテーマ:No Music, No Life

            | RECORDS | comments(0) | - | posted by mono-mono
            | 1/3 | >>