MONOmonologue pt.2MONOmonologueのパート2です。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
レコ買い初め 2018 13:00
0

     

    新年になっても、カレンダーの年が2017から2018に変わる以外、特にどうということも無い。
    昨日(12/31)と今日(1/1)で何が変わるというのか。
    意味が分からない。

     

    娘がそんなことをいう齢になった。
    高校1年生である。
    まあ、その気持ち分からないでもない。

     

    とはいえ、新年で気持ちもどこかあらたまるではないか。
    つまりリセット。
    今年最初のレコードは何が見つかるかな? なんてことを楽しみにレコード屋さんに新たな気持ちで向かうのだ。
    2018年はいったいどんなレコードとの出会いが待っているのだろう、と。

     

    暇をもてあましてる息子と一緒に渋谷へ。
    息子(中2)は自転車のショップへ、私はレコード屋へ。
    新年最初のレコード探し、「レコ買い初め」である。
    買ったのは「処女航海」だった。
    新年にふさわしいタイトルといえなくもない。
    2018年という海に漕ぎ出すためのレコード。

     

    Herbie Hancock "Maiden Voyage" (BLUE NOTE BST-84195)

     

    思い返せば「処女航海」、2016年の夏に買い換えた。
    それまでは、20年前に買った国内盤を聴き続けてきた。
    2016年の夏に入手したのは「ヴァンゲルダー刻印入りの音符ラベル」だった。
    オリジナルUS初回盤は、近年いよいよ高騰しているようであり、手にすることはないだろうとほぼあきらめている。
    しかし、「オリジナル盤を夢見ることは自由だ」と自分に言い聞かせながら、この印象的なグリーンのジャケットを店頭で見かけるたび、検盤を続けている。
    オリジナルUS初回盤のセンターレーベルは「NY」。
    検盤のたび店員さんに「キャンセル」を伝えることになるのだが、今回は違った。

     

    レコード棚で見た時から、このレコードには「ピン」と来るものがあった。
    値札には、盤の状態と値段が書かれているのみ。
    ジャケットは「リバティ」、ステレオ盤。
    ピンときたのは、紙質だろうか、持った重量だろうか、あるいはその両方だろうか。
    もちろん検盤する前からオリジナルUS初回盤でないことは分かっていた。

     

    では、私は何を期待しているのか?

     

    見せてもらってまずビビットきたのが「内袋」。
    「27 YEARS BLUE NOTE」。
    ブルーノートのオリジナル内袋である。
    良い予感がするではないか。
    続いて盤を手にし、センターレーベルをチェック。
    A面は「リバティ」で盤質も悪くない。
    ひっくり返したB面は「NY」だった!
    ラッキー。
    もちろん両面「VAN GELDER」刻印入り。
    つまりは、半分「オリジナルUS初回ステレオ盤」(笑)。

     

    どうして表裏でセンターレーベルが異なるレコードが存在するのか?

     

    「処女航海」のリリースは、1965年。
    センターレーベルの表記が「NY」から「リバティー」に変わったのが1966年といわれている。
    ブルーノートレコードの場合、センターレーベルの変更にあたっては「NY」の在庫がなくなったらものから順次「リバティー」に変更されていったようだ。
    おそらくはミスプリントなどによって表裏の在庫数に違いが生じ、その結果、表裏でセンターレーベルの異なる盤が出来ることになったのだろう。

     

    2018年、さい先の良い「レコ買い初め」となった。

     

     

    遅まきながら、あけましておめでとうございます。
    本年もよろしくおねがいいたします。

     

     

    JUGEMテーマ:No Music, No Lif

    | RECORDS | comments(4) | - | posted by mono-mono
    割れたレコード見たことある人、手をあげて 09:00
    0

       

      レコードは割れる。


      知識では知っていても、実際に割れたレコードを見る機会はあまりないのではないか。
      SPレコードの時代、レコードは簡単に割れたらしいが、LPはめったに割れない。
      EPやシングル盤も簡単には割れない。
      私も何度か床に落としたはあるが割ったことはまだない。

       

      レコードの材料が、シェラック(SP)からポリ塩化ビニール(LPなど)に変わり、割れにくくなったのだ。
      1940年代に起きた技術革新である。
      ポリ塩化ビニール製のレコードが出始めたころの盤をみると、センターレーベル部分に「UNBREAKABLE」などと書かれている。
      割れないことがLPのセールスポイントだったことが分かる。

       

      「レコードが擦り切れる」という言い方がある。
      これも、SP時代の名残りの言葉だろう。
      SPは割れやすく同時にすり減りやすい素材だった。
      蓄音機のレコード針は、鋼鉄製が多く用いられていた。
      なるほど、擦り切れるわけだ。
      LPは簡単には擦り減らない。
      もし擦り減ったならば、レコード針のコンディションを疑ったほうがよいかもしれない。
      「レコードが擦り切れるくらい聴く」という比喩表現にとどめておいたほうが良い。

       

      私の手元に割れたレコードが1枚ある。
      海外のネットオークションで落札したものだ。
      いつ届くかと心待ちにして、届いてみたら割れていた。
      セラーに連絡すると、ただちに返金してくれた。
      不幸中の幸いである。
      さらに、送り返さなくて良いそちらで処分してくれ、とのこと。
      捨てるのもしのびなく、そのままになった。

       

      THELONIOUS MONK ORCHESTRA at Town Hall (RIVERSIDE RLP1138)

       

      そんな風に手に入れたのが、およそ10年前。
      このレコードを聴いたことはなかった。

      ふと、割れたレコードでも、割れていない部分は聴ける、ということに思い至った。
      このレコードだと、両面2曲目くらいからはなんとか聴くことができる。
      入手10年目の「セロニアスモンクアットタウンホール」。
      ようやくである。

       

      思ったより良いレコードじゃないか、という感想。
      実はこのレコードの内容にはあまり期待していなかったのだ。
      同時に落札した他のレコードが本命であって、これは同じくらいの送料を払うならというおまけ盤だったのだ。
      そのうちOJC盤で買い直そうか。

       

       

      今年2017年はセロニアス・モンク生誕100周年とのこと。
      とはいえあと3日を残すのみ(笑)

      さてみなさま、今年もあとわずか。
      良いお年を!

       

       

       

      JUGEMテーマ:No Music, No Life

      | RECORDS | comments(12) | - | posted by mono-mono
      ジャケットで買ったわけじゃない 09:09
      0

         

        「ジャケ買い」とは、ジャケットの魅力だけでレコードを買うことを言う。
        ジャケットを見ただけで買う気が失われるレコードのことをなんと呼ぼうか。
        「ジャケ拒否」とでも言おうか。

         

        このレコードは、ジャッキー・ロマックス「スリー」。
        素晴らしい内容なのに、ジャケットで損してると思うのは私だけだろうか。
        娘はこのレコードをみて「キモイ」と言った。
        「キツイ」とも言った。

        30センチ角のジャッキー・ロマックス顔面クローズアップは、確かに相当な迫力だ。

         

         

        ジャッキー・ロマックスは、イギリス、リバプール出身。
        ビートルズとはそのころからの仲。
        68年、ジョージ・ハリスンのプロデュースでアップルレコードからデビュー。
        その後アメリカに渡り、ワーナーと契約。
        これが72年リリースの通算3枚目。
        ベアズヴィル・サウンド・スタジオ録音。
        プロデュースは、ジョン・サイモン。
        ザ・バンドのレヴォン・ヘルムとリック・ダンコがゲスト参加。

         

         

        こんな魅力的なキーワードが並ぶレコードなのに、まったく聴く気が起きなかった。
        それは、ひとえにジャケットデザインのせいだ。
        ジャッキー・ロマックス本人はこのジャケットデザインにどの程度関与したのだろうか。
        これが本人の希望なら致し方ないが、そうでないとしたら…。

         

         

        そんなレコードを今回縁あって入手することなった。
        つまり、レコード屋へ行ったが他にそれほど欲しいレコードがなく、かつとても安かったということ。

        プロモーション盤だし、コンディション悪くないし。

         

         

        思った以上に良いレコードだった。
        そして聴き込むほどに、このジャケットも悪いくないと思えてきた。
        むしろ、このアルバムの音楽を正しく表現している、と感じはじめている。
        気取らない、飾らない、素直な音。
        スワンプやソウルミュージックからの影響を感じさせるストレートなロック。
        それでいてほんの少しだけ「変」。
        それを作った「俺」。
        なるほど、このジャケット、悪くない。

         

         

        良いジャケットってなんだろう。
        難しい。
        それ自体で多くの人が手にしたくなるデザイン、ということはマスに向けた商品であればとても大事なことだ。
        しかしコアに向けた「作品」であるなら事情は異なる。
        売りたいがために、パッケージでおもねるようでは本末転倒である。
        「作品」であるならば、ジャケットにおいても、音楽の作り手の意思を正しく伝えるべきなのだ。
        もっともワーナーのようなメジャーなレコード会社にとって、レコードは商品以外の何ものでもないだろうけれど。
        そう考えるとこのジャケットはなかなかな傑作デザインかもしれない。
        裏ジャケットは間違いなく素晴らしい。
         

         

         

         

         

         

         

        JUGEMテーマ:No Music, No Life

         

        | RECORDS | comments(2) | - | posted by mono-mono
        MADE IN ENGLAND 12:00
        0

           

          このレコード画像にデジャヴを覚えた方、正解です。

           

          3月のこの記事で、ジェイムス・テイラー「ワン・マン・ドッグ」への愛と、レコードの蒐集遍歴を綴った。
          このとき手に入れたのは3枚目、「ワン・マン・ドッグ」はあがりのつもりだった。

          記事のタイトルは「何枚買えば気が済むのか?」である。
          「さすがに4枚目はない、と思う(笑)」と結んだのだ。


          はたして、4枚目はあった(笑)


          これまで所有していたのはすべてアメリカ盤だった。
          ジェイムス・テイラーはアメリカ人で、アメリカのレコード会社からのリリース。
          アメリカ盤以外に注意を払っていなかった。
          今回、英国盤を見つけてしまった。
          いや、出会ってしまった。

          JAMES TAYLOR / ONE MAN DOG (K46185)

          困ったことにコンディションが見事だったのである。
          発売直後にイギリスで買ってタイムマシーンでいま持ってきた、としか思えない。
          ジャケットも、レコード盤も、ピッカピカ。
          え、これが45年前に作られたレコード?! とにわかに信じられないくらいだ。
          こんな新品同様の英国盤「ワン・マン・ドッグ」が目の前に出現してしまったのだ。
          アルバムタイトルのステッカーが英国盤はジャケットにじか貼りされている、なんてこともはじめて知った。

          で、どうする、買う?

          「買わない」という選択肢のことも一瞬考えた。
          さすがに同じレコードの4枚目は無いでしょ、と。
          他に目立った収穫があった日だったら見送ったかもしれない。
          が、運よく(悪く?)たいした収穫はなかった。

          なにしろ大好きなアルバムの、素晴らしいコンディションの英国盤なのだ。
          「英国盤ってどんな音がするのだろう?」という健全な興味もムクムクと芽生えるではないか。
          いろんな言い訳を自分に用意しつつこうして手に入れることとなった。

          しかし、まあ、ほんとに何枚買えば気が済むのか?

          さすがに「ワン・マン・ドッグ」は、これであがり、かな?
          5枚目はない、、、と思う(笑)

          素晴らしいコンディションの初回国内盤帯付きが目の前に現れたら、、、5枚目か。
          いやいや、いやいや。
           

           

          JUGEMテーマ:No Music, No Life

           

          | RECORDS | comments(2) | - | posted by mono-mono
          名盤との距離 12:00
          0


            ジャズを聴き始めた頃、どのレコードを聴いたら良いか分からなかった。

            教えてくれる人もいなかった。
            名盤100選といった入門書を読んで、これは、と思うレコードに目星をつけ、中古レコード店へ行ってはこつこつ買った。
            ジャズを聴き始めてみると、いろいろなタイプのジャズがあることを知った。
            スイング、ビバップ、ハードバップ、クール、モード、フリーなどなど。
            一聴して好きになるレコードから、いまいちなのから、とても聴いていられないのから、分からないなりに気になるものなどさまざまだった。
            一枚一枚一生懸命聴いた。
            そうやって手に入れたレコードの多くは、ジャズ好きならたいてい知っているようなレコードだった。
            ジャケットを見れば、ああこれね、と分かるくらいに。

            そんな、誰でも知っているレコードを「名盤」というのではないか。

            「名盤」とは、たぶん素晴らしいレコードのことだ。
            多くの人が高く評価しているレコードということだろう。
            有名な評論家や名のあるミュージシャンが「良い」と言っているレコードのことだ。
            しかし、誰かにとっての名盤が、私にとっての名盤とは限らない。

            名盤を聴いて、好みじゃなかったり好きになれないと悔しい。
            なので、繰り返し聴いてみる。
            聴いているうちに分かってきたら嬉しい。
            何度も何度も聴いて、やっとわかるレコードがある。
            一方で、何度聴いても、努力の甲斐なくレコード棚の奥にしまわれてしまうレコードもある。
            忘れた頃にあらためて聴きその良さに気づく、なんてこともたまにはあるが。

            ジャズを聴きだしてしばらくたった頃、名盤を買うことが急に恥ずかしくなった。
            誰でも知っているようなレコードを買っているのはジャズ初心者にしか見えないのでは? と格好悪く思われたのだ。
            自分はジャズをちょっと知ってるんだからね、ということを態度で示したい時期だったのだろう。
            マイナー盤を買ってこそジャズ通って訳だ。
            つまり私は、若かったし青かった、ということだ。
            今となっては、超有名なレコードであっても、恥ずかしげもなくレジに向かうことが出来るようになった。
            自分の成長(老い?)を実感する瞬間である(笑)

            名盤との付き合い方は難しい。
            年齢によっても名盤との距離感は変わってくる。

            かつての私はバラードが苦手だった。
            アップテンポな、いわゆるゴリゴリなハードバップが好きで、それだけをジャズに求めていた。
            「ウィズ・ストリングス? ちょっと待ってよ」なんて具合。
            アルバムの流れの中でのバラードなら仕方ないが、バラード集となると興味が持てなかった。

            JOHN COLTRANE "BALLADS" impulse! AS-32

            ジョン・コルトレーンのバラード集といえばこれだろう。
            ジャズ入門書にも紹介される、ザ名盤だ。
            向学のために、その昔CDを買ったが、ほとんど聴くことはなかった。(笑)。
            最初の曲、「Say It (over And Over Again)」のイントロからして甘すぎる、と思っていた。
            単なるムードミュージックではないか、と。

            今回レコードを入手して、じっくり聴いてみた。
            良い。
            とても良い。
            コルトレーンのサックスをシンプルに味わうことが出来る。
            一説によると、このレコード吹込時、マウスピース(リード?)の調子が悪くバリバリ吹くことができなかったのでバラード集になったとのこと。
            なるほど、メロディ重視。
            ストレートにメロディを吹いている。
            このアルバムの素晴らしさを、この齢になってようやく理解できた。
            これもまた、自分の成長(老い?)を実感する瞬間である(笑)

            このレコードを手にすることができたのは「運」である。

            入手経緯はこうだ。

            めったに行かない場所へ行く用事ができた。
            近くに中古レコード屋があることを知り立ち寄った。
            引き上げたこのレコードの値札に「赤黒、VAN GELDER」と書かれていた。

            「赤黒」とは、レコード盤の真ん中、収録曲のタイトルなどが書かれている部分(センターレーベル)のデザインの説明である。
            インパルスというレコード会社のセンターレーベルは、オレンジ→赤黒→黒→緑と、レコードのプレス時期によってデザインが変更されている。
            そして「VAN GELDER」とは、このレコードを録音・制作したエンジニア自身が原盤を手掛けたという刻印が入っている、ということ。

            このレコードは、VAN GELDER刻印よりBELL SOUND刻印のほうが多いのではなかったか?
            VAN GELDER刻印の入った盤は最初期のプレスに限られるのではないか、と。

            レジで検盤させてもらうと、まず出てきたのは初期の内袋だった。
            オっとなり、そこから取り出したレコード盤のセンターレーベルはオレンジだった。

            つまり、初期プレス。
            「!!」

            のけぞってしまった。
            両面の内溝には確かにVAN GELDER刻印が入っていた。
            ラッキー。
            まだまだレコード店の棚には夢がある!(笑)

            釣りは、「フナに始まりフナに終わる」といわれる。

            この言葉には諸説あるらしいが、子どもの頃にフナで釣りの楽しさを覚え、大人になり行動範囲が広がると、海や渓流に足を運ぶようになってフナから遠ざかっていく。
            しかし、老いてきて遠出が難しくなってくるとまた近所の小川でフナを釣るということ。


            音楽好きも、「名盤にはじまり名盤に終わる」のだろうか?

            名盤で音楽の楽しさを覚え、マイナー盤、限定盤、レア盤、海賊盤、、、そして老いてまた名盤に戻るということか。


            まあ、一理あるかも。

            いやいや、そんな言葉そもそもないって(笑)



             

             

            JUGEMテーマ:No Music, No Life

             

             

            | RECORDS | comments(4) | - | posted by mono-mono
            | 1/4 | >>