MONOmonologue pt.2MONOmonologueのパート2です。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
マジか! 07:00
0

    とんでもないニュースが飛び込んできた。

    シュアがカートリッジの生産を終了するって。

    困った。

    頭が真っ白になる。

    いやあ、まじか。

     

    いつまで普通に買えるのかな?

    いきなり高騰したりしないといいが。

    レコードブームとか言ってる場合じゃないです。

     

    今日明日困るわけではないが、気づいたら手に入らない、なんてことになるんだろう。

    いやいやいや、どうしよう???

     

     

    Shureからのお知らせ フォノグラフカートリッジ生産終了について

     

     

     

    JUGEMテーマ:No Music, No Life

    | TALK ABOUT MUSIC | comments(0) | - | posted by mono-mono
    レコードストアデイ2018 16:00
    0

       

      いよいよ「さすらいのレコードコレクター」が公開になる。

      初日(4/21)の初回上映後にピーターバラカンさんのトークイベントがあるっていうから行ってみた。

      満員で入れなかった。
      開演30分前じゃ無理か。


      次の回の整理券をもらって、しかたなく(笑)ディスクユニオンをはしご。

      あらま、ジャズ館が移転してる。
      移転先は、4/20にオープンした4フロアの新店舗で、3階がジャズフロアで1階はロック。
      1階がとにかくすごい人で、フロアが人で埋め尽くされていて、レジの前にはずらっと人が並んでる。
      なんだこれ、すごい。

       

      続いて紀伊国屋書店隣のディスクユニオンへ。
      お、こちらも移転してるじゃないか。
      移転先は紀伊国屋書店ビルの8階。
      こちらもそれなりに混雑していて海外の方も多い。
      ながれで(?)アルタのHMVへ。
      ここは不思議と若いお客さんが多い印象。
      大学生くらいの男女のグループがそれぞれにレコードを買っていた。

      ふうん。

       

      上映時間が近くなってきたので映画館へ。
      この回も満員札止めだそう。
      狭いロビーは人であふれてる。

      定員80名の小さな映画館だけど、1回目2回目が満員。
      レコードストアデイってこともあるだろうけれど、レコード袋もってる割合が以上に高い。
      見に来てる全員がレコードコレクターってことは無いだろうけれど。


      お、トークイベント終わりのバラカンさんがいる。
      「ディスクユニオンに寄っていきます」なんて劇場の人と話しているのが聞こえた(笑)

       

      この日の収穫は写真の3枚。(L→R)

       

      LENNIE NIEHAUS / Vol.3, THE OCTET No.2 (CONTEMPORARY RECORDS C3503)
      THE EVERY BROTHERS / SONGS OUR DADDY TAUGHT US (ACE RECORDS CH75)
      ROGER TILLISON'S ALBUM (ワーナーパイオニア P-7604A)

       

      ずっと探してたエヴァリー・ブラザース(再発盤、350円!)が一番嬉しいかも(笑)

       

       

      JUGEMテーマ:No Music, No Lif

      | RECORDS | comments(0) | - | posted by mono-mono
      Cornelius: NPR Music Tiny Desk Concert 23:37
      0


        まじか、タイニー・デスク・コンサートにコーネリアスが出てる!

        チョークール。
        一つひとつの音が手に取るように聴こえる。
        まさに COOL JAPAN だねェ(笑)


        JUGEMテーマ:No Music, No Life

        | TALK ABOUT MUSIC | comments(0) | - | posted by mono-mono
        遅延 08:00
        0


          スフィアン・スティーブンスの新作が12月前半にリリースされると知ったのは昨年の11月のことだった。
          11月後半には米系大手ECサイトでLPを注文し、リリースされたらすぐに聴ける手はずを整えた。
          発売日が来れば直ちに届くはずだった…。

          まだ来ないの?と思ったのが12月半ばころか。
          あれおかしいぞ、と。


          12/21になって、米系大手ECサイトからこんなメールが届いた。

           

          「誠に申し訳ありませんが、ご注文いただいた以下の商品は、仕入先からの入荷遅延により、お届け予定日までにお届けできないことが分かりました。
          12月24日までにお客様のご注文商品をお届けできないことを深くお詫びいたします。
          お届け予定日: 2018-01-17 - 2018-02-08」


          2/8になって再び遅延のお知らせが届いた。

           

          「誠に申し訳ございませんが、以下のご注文商品の入荷が遅れているため、やむを得ずお届け予定日を変更させていただきました。
          当初予定していたお届け予定日までにご注文商品をお届けできないことをお詫びいたします。
          お届け予定日: 2018-03-03 - 2018-03-26」

           

          そして昨日、ようやくレコードは届いた(苦笑)
          どうしてこんなに時間がかかったのだろう?

           

           

           

           

          一方で、わが家では先週よりアンプが故障しておりレコードが聴けない。
          mp3をダウンロードして聴いている。
          やっとレコードが届いたのに、あ〜あ。

           

           

           

          JUGEMテーマ:No Music, No Life

          | RECORDS | comments(0) | - | posted by mono-mono
          さすらいのレコード・コレクター 23:37
          0


            間違えないでほしいのは、コレクションはお金だけの問題じゃない、ということ。

            もちろんコレクションにお金は必要だけれど、お金だけで集めたコレクションは少しも魅力的ではない。
            それは情熱の問題なのだ。
            好きで好きでたまらない人が、好きで好きでたまらないレコードを聴いている姿は、とっても可愛らしい。

            私もこんなおじいちゃんになりたい。(笑)


            JUGEMテーマ:No Music, No Life



            | TALK ABOUT MUSIC | comments(4) | - | posted by mono-mono
            | 1/9 | >>